カテゴリー: 現金化の種類

仮想通貨「ビットコイン」でクレジットカード現金化!

身分証明書さえあればクレジットカードの現金化ができる方法をご紹介します。

その方法とは「仮想通貨の購入・売却」です。

仮想通貨とは、国家が価値を保証していない電子マネーのことで、有名どころではビットコイン・イーサリアムなどがあります。

これらの仮想通貨をクレジットカードで購入し売却することで、クレジットカードを現金化することができます。

仮想通貨を取引するためには、「取引所」と呼ばれるWebサイトに登録しなければなりません。

多くの場合取引所の登録は簡単で、登録後はすぐに少額の入出金や取引ができます。

しかし一定金額以上の入出金や取引をする際には、本人確認書類の提出を求められる場合が多いです。

そのため身分証明書の写真をアップロードするなどして本人確認ができるまでは、取引所の機能は制限されてしまいます。

クレジットカード現金化の手段として仮想通貨を取引したい場合は、事前に取引所に登録し本人確認を済ませておくのが良いです。

一口に仮想通貨といっても種類はたくさんあります。

なかでもクレジットカード現金化に適しているのはビットコインです。

ビットコインの購入がクレジットカード現金化の手段として優れている理由は大きく分けて3つあります。

一つ目はビットコインが比較的価値の安定した仮想通貨であるという点です。

一般的に仮想通貨は法定通貨(いわゆる普通のお金)と比較して、価値の変動が激しいです。

投資目的ならばあえて変動の激しい通貨を購入するのもアリですが、クレジットカード現金化が目的ならば、できるだけ価値の安定した仮想通貨を購入するのがいいでしょう。

ビットコインは世界で初めて発行された仮想通貨であり、2009年から取引されています。

そのため、マイナーな仮想通貨と比較すると、価格変動が落ち着いているといえます。

二つ目の理由はビットコインが最も有名な仮想通貨であり広く流通していることです。

近年ビットコインは決済の方法として世界中で利用され始めています。

日本でもネットだけでなく、実店舗でビットコインによる決済が可能なお店が増えています。

そのためビットコインは売却して現金化しなくても、便利な決済手段になります。

三つ目にセキュリティの堅牢性が挙げられます。

ビットコインのセキュリティは「ブロックチェーン」という独自の暗号技術で保証されています。

「ブロックチェーン」は簡単に言うと、取引をする全員が台帳情報を共有するシステムです。

全員が同じ台帳を持っているため、誰かが取引の記録を改ざんしても「正しい台帳」は世界中に保管されているのです。

この「ブロックチェーン」により、ビットコインの取引を改ざんすることは事実上不可能とまで言われています。

上記の理由からクレジットカードを現金化する方法として、仮想通貨の購入・売却をお勧めします。

仮想通貨によるクレジットカードの現金化は、仮想通貨に触れるよいきっかけにもなります。

誰でも将来仮想通貨を利用することは考えられるので、勉強のためにも一度利用してみてはいかがでしょうか。